ジャムウ石鹸 アンボーテ

デリケートゾーンケアが完璧なAV女優はモテる

デリケートゾーンケアを誰よりも入念に行うAV女優、自分の外見すべてを画面いっぱいにさらけ出すお仕事ですから当然です。

 

ちょっとしたシミもニキビもダメ、黒ずみなんてもっての他、男性のためにデリケートゾーン〜お尻の穴まで完璧な状態を維持しているのが一流のAV女優

 

だから美人がひしめく芸能界で外見に対し目の肥えた男性アイドルやイケメン俳優は外見でなく完璧なあそこを持つAV女優だからこそ、付き合いたくなるんでしょうね。

(噂レベルの話ですが・・絶え間なくあります)

 

そんな、女性に困らないだろう彼らが選ぶAV女優のデリケートゾーンケアを知れば、どんな男性も満足してくれるデリケートゾーンにあなたもなれるのではないでしょうか?

 

AV女優のデリケートゾーンのお手入れは?

AV女優として喘ぐしぐさは女優としての力量が問われますが、同じくらい大事なのが、顔がかわいいにプラスして、すべすべのお肌やお尻、黒ずみがなくピンク色の陰部、これらは画面いっぱい広がる映像にはかかせません。

 

よって、しっかりデリケートゾーンをケアするのはAV女優が人気を維持するため必須です。

 

AV女優の陰部にトラブルは女優の顔に傷がつくようなもの、しっかり膣赤は落としつつ、トラブルが起きないよう、乾燥しない潤いをキープできる石鹸であるのが大事ですね。

 

さらには、黒ずみ厳禁なので、あそこの美白は必須、もちろん、粘膜が近くになるので肌に優しい原料を使いながらしっかり美白できる事が重要です。

 

そんなAV女優が選んでいるデリケートゾーン石鹸の一つがアンボーテ、なりたい女子の顔やファッションアイコンとして活躍している明日花キララちゃんが押している液体のデリケートゾーン石鹸。

 

肌に優しい、香が良いとこが気に入ってるようですね。

 

明日花キララおしアンボーテをお得に購入する方法はコチラ>>

AV女優からセクシー女優へ

 

ひと昔前までは、AV女優は胸が大きいだけのブスが多かったのですが、今はかわいくて爆乳のAV優はあたまりまえのようにいます。
そんなxセクシー女優の顔偏差値を上げたといわれるのが明日花キララ、確かにかわいいですよね。

 

しかも、明日花キララを始め他のセクシー女優も芸能界では日陰の存在からグラビアモデルなみのフッションアイコンやアイドルのような扱いに!

 

だから、セクシーアイドルに憧れる女性が増えているようで芸能界に入る選択の一つになってたり、憧れの男性アイドルの彼女になれるかもしれないという望みをもって、セクシー女優の道にすすむ女性が増えています。

 

 

噂ですが・・誰が誰と交際してるのでしょうか?

・Hey!Say!JUMP伊野尾慧×明日花キララ(海外でプールデート)

・V6森田剛×美雪ありす(現在は宮沢りえのようですが・・)
・元ジャニーズ田中聖×小澤マリア
・嵐メンバー×故AYA(牧野田彩)
・TOKIOの長瀬智也×故AYA(牧野田彩)
・今井翼××故AYA(牧野田彩)
・嵐 松潤×葵つかさ

 

硬派な男性ほどAV女優を好むのか?
・北島康介x萩原舞

・速水もこみちx秋菜楓
・プロテニスプレーヤー宮尾祥慈×倖田梨紗

 

お笑いで活躍している男性も負けてないようで・・
・ハチミツ二郎×蒼井そら

・小木博明(おぎやはぎ)x宝月ひかる
・浜田雅功×森田圭子
・陣内智則×及川奈央

 

これだけの有名人を食ってきたAV女優たちのデリケートゾーンケア、ますます気になりますよね。

 

陰毛ケアの悩み

 

アンダーヘアの脱毛、vioは女性としてのエチケットとして当然になってきました。

突然AV女優に転向した坂口杏里の股やお尻のお手入れがされてなかったため、汚い、芸能人なのにお手入れがされてないという意見がある一方で、久々に毛が生えているを見て興奮したなど賛否両論だったようです。

 

ただ、この意見からもわかるように、大半の男性の認識がアンダーヘアーがない女性のあそこをキレイにお手入れができてると感じています。

 

女の子側も、つるつるのデリケートゾーンを求めVIO脱毛が大流行しています。

 

すでに、欧米では陰部の脱毛はエチケットだという意識が根付いているので、日本もやっと欧米なみの認識になってきたかもしれません。

 

陰部の整形

 

一般女性も外見だけでなく、あそこも完璧にしたいという女性が増えているため。陰部の整形も一般的になってきました。

 

処女膜再生に驚いていたのは今や昔、外陰部を小さくする小陰唇縮小術、陰部を若若くみせる大陰唇たるみとり術から肛門周囲余剰皮膚切除術など肛門をキレイに見せるための手術など切開が必要な手術から注射で済む手術まで多数用意されています。

 

さらに、キレイに見せるだけでなく、感度をアップさせる手術も多く、膣を引き締め手術から不感症を改善するための感度UP手術まで男性を喜ばすための女性の欲望はつきないようです。