ジャムウ石鹸とアンボーテどっちがいいの?

ジャムウ石鹸 アンボーテ

アンボーテとジャムウ石鹸を比較すると

どちらも大注目のデリケートゾーンソープですが、アンボーテとジャムウ石鹸は比較するとどう違うのでしょうか?

 

当サイトでは、ジャムウ石鹸とアンボーテのメリット、デメリット、価格、口コミなど徹底調査しています。

ジャムウ石鹸とアンボーテ

ジャムウ石鹸

アンボーテ

4337

☆固形石鹸☆
◇泡立ちが悪い
◇濡れると溶けるので管理が大変

☆液体石鹸☆
◇泡立ちが良い
◇かわいいパッケージで水に濡れても安心

☆安全性☆
◇ジャムウに加え天然ハーブを中心にした成分で、副作用などの心配なし
◇安心の日本製

☆安全性☆
◇オーガニック認証COSMOSの基準をクリア
◇安心の日本製

☆洗浄力☆
◇ハーブやアロマオイルで殺菌・防菌・酸化防止
◇ニオイ成分としっかりくっついて別の成分にかえる消臭効果

☆洗浄力☆
◇肌に優しいオーガニック成分でニオイや黒ずみの原因である老廃物をしっかり保湿しながら洗浄

☆保湿☆
◇ジャムウの作用で美肌へ導きます
◇保湿・引き締め成分できめの細かな肌へ

☆保湿☆
◇ダマスクローズ水やアロエベラ、マロウ、キュウリなど潤い成分でしっとり肌に導きます。
◇他にもハマメリスやセージなどの保護成分でデリケートゾーンをしっかり守ります

☆黒ずみ☆
◇黒ずみ対策成分を配合

☆黒ずみ☆
◇保湿で対策

☆価格☆
平均価格   ¥2000〜¥5000
定期購入割引あり

☆価格☆
通常価格  1本 ¥5,980
定期購入  1本 ¥3,980

 

最近人気があるジャムウ石鹸を集めてみました

当サイトでは多数の商品の中で、天然成分にこだわったジャムウ石鹸【シークレットレディ】というジャムウ石鹸をおすすめしましたが、他にも色々あるので
気になる方はこちらでジャムウ石鹸を比較してますので見てください。

 

 

 

シークレットレディ ジャムウトリプルクリアシープ ジャムウハーバルソープ ロンタル ハーバル
ジェルソープ




臭い&黒ずみ&引き締め
臭い&黒ずみ
臭い&黒ずみ
臭い&黒ずみ
天然植物原料
天然由来成分
天然由来成分
天然由来成分
ローズの香
ラベンダーの香
無添加石鹸の香
ティーツリー
女性フェロモン成分配合
全額返金保証
販売実績12年
チューブ入りジェル石鹸
安心の国産
安心の国産
安心の国産
安心の国産
1個100g
1個80g
1個64g
1個156g
1,955円(税込み)
4,980円(税込み)
2,046円(税込み)
2,375円(税込み)





ジャムウ石鹸とアンボーテの違い

石鹸イメージ画像

デリケートゾーンのヘア対策を行う人が増え、ケア対策が注目されるようになりました。
中でもデリケートゾーンの洗い方については自分のからだと言っても、正しい知識は乏しいように思えます。

 

そこで使ってみたいのがデリケートゾーンのケア用石鹸です。

 

でも、通販でもドラッグストアなどの店舗販売でも様々な市販の商品がたくさんあって、結局どれを使ったらいいのか分からないので、ジャムウ石鹸アンボーテフェミニーナウォッシュを比較してみることにしました。

 

 

ジャムウ石鹸はいろんなメーカーから販売されていますが、基本的にはハーブを使用した天然成分で無添加が多くでまわっています。
やはり、デリケートゾーンのようなかぶれやすい部分はハーブを使用したジャムウ石鹸のような肌への負担が少ない石鹸が安心できますね。

 

ただし、ジャムウ石鹸の配合や使用しているハーブはメーカーによって異なります。
ジャムウ石鹸だからと言ってもジャムウは天然成分だとしても、それ以外に配合されているものが添加物で肌トラブルを起こしてしまう場合もあるのでジャムウ石鹸を選ぶ時に注意が必要だと考えられます。

 

また、ジャムウ石鹸で泡パックで黒ずみや臭いが軽減するといわれていますが、敏感肌や体調不良で肌が弱っているときには肌トラブルの原因になることもあるようです。

 

一方、アンボーテはオーガニック認証のCOSMOSの基準を日本で初めてクリアしたデリケートゾーン用ソープとのことですが、アンボーテの臭いや抗菌対策に加えて保湿ができるというのは他の石鹸では、あまりないところです。
肌への優しさはアンボーテが取得したオーガニック認証COSMOSが証明するように非常に優しいものと言えるでしょう。
ただし、価格で言えばアンボーテは割高な印象です。
お肌との相性は個人差が大きいので、まずは使ってみてから選ぶというのも一つの方法かもしれませんね。

 

ジャムウとは?

ジャムウ石鹸のジャムウ、ジャワやインドネシアのことばで「客、もてなす、植物から作られたクスリ」という意味で、その名の通り、植物やハーブの実や皮、葉っぱや根などを伝統のレシピに沿って調合して作られた石鹸です。
ジャムウ石鹸は、東南アジアのハーブ石鹸と言えます。

ジャムウ石鹸イメージ画像

ジャムウ石鹸はインドのアーユルベーダを起源としたもので、親から子へ、子から孫へと、今もなおインドネシアの女性の間の民間伝承薬として親しまれている天然素材の石鹸です。

 

伝統のあるジャムウ石鹸のレシピは、それぞれに異なり、数百以上にものぼるといわれています。
からだの不調や健康維持、美容など目的によって配合も変わってくるのだとか。

 

そんなジャムウ石鹸が日本で注目されている理由は、シミや黒ずみといった肌トラブルはもちろん、肌のくすみ、ワキの消臭、おりものや不快な臭い、膣の引き締めなど、女性が誰にも言えない悩みとして挙げる状況を解決することができるからです。

 

そんなジャムウ石鹸が販売された当初は、主にインドネシアから輸入されたジャムウ石鹸そのものが販売されていました。
日本のように製造ラインがしっかりしていない当時の東南アジア産の不純物が入ってないという保証はなく、安易に格安のジャムウ石鹸を購入しても効果がない、デリケートゾーンのトラブルなどが多発していました。
しかし、今はジャムウ石鹸の原料だけ輸入後、日本で生産加工を行っているジャムウ石鹸が多数あり安心して日本人が使用できるようになっています。

 

汗ばむ季節や、臭いが気になる人、パートナーとの時間に物足りなさを感じている人など、女性の悩みを解決したいと思っているのであれば、ジャムウ石鹸を試してみませんか?

 

ジャムウ石鹸の使用方法はこちら

 

ジャムウ石鹸のデメリット

ジャムウ石鹸は天然植物性分を使用しています。
そのため、ジャムウ石鹸は泡立ちが悪く、ふんわり泡パックをするためには泡立てネットを使う必要があります。

デメリットイメージ画像

ジャムウ石鹸での3分間の泡パックを行うのであれば、泡立てには相当な労力が必要になりますし、面倒・ジャムウ石鹸の減りも早いというクチコミもあります。
そして3分もの待ち時間の間、何をするというわけでもなく、待たなければいけないというのはストレスにもなります。

 

中には、ジャムウ石鹸での泡パックや洗浄中に肌がつっぱったり、ヒリヒリとした刺激やかゆみを感じたという人もいます。
デリケートゾーンは敏感な部位なので、肌に合わないというのは大きなデメリットだと考えられます。

 

また、ジャムウ石鹸は種類が豊富なため商品の価格も品質もピンキリだと言えます。
一概にジャムウ石鹸と言ってもどれを選んで良いのかわかりにくというのもあります。

 

他にも、サイズが小さいのに価格が高いのもジャムウ石鹸のデメリットのひとつでしょう。
ジャムウ石鹸はデリケートゾーンだけでなく、お肌のくすみが気になるところにも使えるというのに、コスパを考えると、積極的には使えないという人も多いようです。

 

また、ジャムウ石鹸の中にはオーガニック石鹸独特のゴムのような香のものもあり、物は良いけど香りを楽しむことができなくて残念という意見もあり、ジャムウ石鹸を使う人たちの中でも好みが分かれるようです。

 

アンボーテでするデリケートゾーンケア

4337

 

デリケートゾーンの悩み、周りのお友達にはなかなか相談しづらい、でも女性なら悩んだ人も多いのではないでしょうか?
そんなデリケートゾーンのケアをしてくれる専用ボディーソープがあるのご存じですか?

アンボーテイメージ画像

その名もアンボーテ フェミニーナウォッシュです。

 

デリケートゾーンのにおいが気になるからとアンボーテではなく普通のボディーソープなどで洗ってしまうと、必要以上に潤いがうばわれてしまって逆にかゆみなどの原因になったりもします。
普通のボディーソープだとデリケートゾーンに使用するには刺激が強すぎるのです。
よく石鹸で洗ってしまうと逆に雑菌が増えてしまうからデリケートゾーンはお湯で洗うだけでいいと効きますが、それだと膣垢やあそこが消臭できているのか?
少し不安ですね。

 

でもこのアンボーテなら、優しくデリケートゾーンを洗浄すると同時に保湿もしてくれて、ボディーウォッシュといいつつも、アンボーテはまるで美容液を塗るようなイメージです
アンボーテは皮膚を優しく保湿しながら保護し、ニオイや黒ずみの原因を洗い流してくれるのです。

 

アンボーテは刺激が少ないので粘膜でもしみずに、生理中のナプキンかぶれでお悩みの方や敏感肌の方でも安心できるハーブが原料の石鹸です。
アンボーテは香りが素敵なので洗いながら癒されるという口コミも多い上に足やわきを初めとして、全身にも使用できると評判が良いです。
アンボーテはオーガニックの香りで使い心地もよく、気持ちももリラックスできます。
アンボーテで生理中も気分良く過ごせるのがおすすめポイントです。
しかもアンボーテでかわいいボトルで、数回プッシュで簡単に使用できるのもよいです。

 

アンボーテの使用方法はこちら

 

アンボーテのデメリット

アンボーテはオーガニック系の割には泡は比較的立ちやすいようですが、泡立てネットを併用している方が多いようです。

 

使用一回目で保湿されているのがすぐわかる、ニオイケアが出来ている、という声が多いですが、やはりデメリットとして挙げられるのが、価格の高さです。

アンボーテのデメリットイメージ画像

アンボーテは使用感が良いから全身に使いたいけど値段が高いから少しずつしか使えない、とか、値段の割にボトルが小さくて驚いたなど、アンボーテは金額に関しての不満点が多いようです。

 

しかしながら、アンボーテの不満な点は価格くらいしか挙げられていません。
アンボーテの商品そのものには満足している方が多いようですね。

 

また、アンボーテはコストパフォーマンスは悪いですが、パッケージのかわいさとクオリティの高ささ、使用感の良さで満足度は高めです。

 

アンボーテのオーガニック認証のCOSMOSって何がスゴイの?

巷にオーガニック製品が溢れている昨今ですが、食品に関してはオーガニック基準が厳密にもうけられていますが、アンボーテのような雑貨に関しての日本のオーガニックの公的基準はありません。

 

よって、企業の独自判断でオーガニックと呼んでいる雑貨も多数あります。

 

そこで、アンボーテは日本で基準がなければ、海外の基準でというのもありJOCA日本オーガニックコスメ協会が推奨する世界基準のオーガニック認証のCOSMOSを取得したのです。

 

ですから、アンボーテは一般的に普及しているオーガニック石鹸よりも安全性の高いオーガニック石鹸と言えます。

 

アンボーテが取得したオーガニック認証のCOSMOSの詳細はこちら

 

【アンボーテ】は赤ちゃんの肌に使える
ほど肌に優しいオーガニック石鹸

しっかり洗浄・バッチリ消臭で
【あそこの臭い】がお花の香りに

4337


◆臭いの原因・膣垢・おりものをしっかり洗浄
◆すっきリ洗浄しっかり保湿で肌トラブルなし
◆泡立ちが良いのでデリケートゾーンを洗いやすい
◆足の裏やワキなど臭う所は一緒に消臭

 

通常5,980円(送料無料)
お試し価格 3,980円(送料無料)

 

デリケートゾーン用保湿美容液
>>アンボーテの詳細はこちら<<

 

アンボーテの成分

アンボーテには厳選されたオーガニック植物エキスがギュッと詰まっています。

 

8種類のオーガニック成分

 

 

●ダマスクローズ
高品質のブルガリア産ダマスクローズ水を30%配合。ビタミンCを豊富に含み美容成分が角質層へ浸透するのを助けます。

 

 

●アロエベラ
アロエベラの成分、ムコ多糖体が水分をしっかりと蓄え、角質層の隅々まで潤いベールを作ります。

 

 

●マロウ
粘性が強いので、乾燥から皮膚をしっかり守り、保湿してくれます。

 

 

 

●エーデルワイス
肌を引き締める収れん作用があるので、デリケートなお肌を整え、乾燥を防いでくれます。

 

 

●キイチゴ
ビタミンCをはじめ、フラボノイドやタンニンなどデリケートなお肌に嬉しい成分を含んでいます。

 

 

●エルダーフラワー
お肌を引き締める効果があり、潤いとハリをもたらします。

 

 

 

●ハマメリス
ハマメリスタンニン・サポニン・フラボノイドを含んでおり、収れん作用や消炎作用をもたらし、キメを整え、不要な皮脂を洗い流します。

 

 

●サジー
肌を整えるビタミン・肌を守るリノレン酸でデリケートゾーンの薄い皮膚をしっかり守ります。

 

 

 

アンボーテの口コミ

ジャムウ石鹸と言えばデリケートゾーンケアの固型石鹸として人気ですが、最近、液体石鹸のアンボーテが発売され、口コミでかなり評判だったのでアンボーテを購入してみました!!

 

あくまでも個人的な意見ですがジャムウ石鹸よりもアンボーテの方が良い商品だと感じました。
理由は、ジャムウ石鹸にはないアンボーテの泡立ちの良さと香料と違う強すぎない自然な香、なんと言っても、洗った直後のスッキリ感♪

 

特に生理中の臭いが気にならなくなったのと直後の残りカスの汚れが気にならなくなったのはアンボーテのアロマ成分でしっかり洗うことができているおかげかもしれません。
アンボーテは保湿成分たっぷりなのでお肌の調子もいい感じです。

 

 

アンボーテの定期プランについて

アンボーテの公式サイトでは、アンボーテをお得に購入できる定期プランがあります。

 

アンボーテの定期プラン、トクトクコースは初回はなんと43%OFF3,980円で購入できます。
2回目以降も36%OFFの4,480円でアンボーテを続けることができます。
しかも自動的に届くので買いに行くわずらわしさもありません!

 

 

定期プランの購入はちょっと不安だから試しに一本だけアンボーテを使用してみたいという方は、
通常価格の6,980 円でアンボーテ単品も購入できます。

 

アンボーテを使い続けたいけど定期コースはいろいろめんどくさそう・・・でもお得に買いたい!
その場合はまとめ買いの購入もできます。
これはかなりお得で5本セットで34,900円のところを、40%OFFの20,940円です。

 

 

アンボーテのトクトクコースの解約

アンボーテのトクトクコースは定期購入にありがちな〇ヶ月間継続などの縛りはありません。
いつでも解約OKです。
解約方法も簡単です。

 

次のアンボーテの配送手配が行われる前に解約の連絡を入れるだけ
連絡先はアンボーテ公式サイトの下部にあります。

 

電話するタイミングは、例えば、2/10に注文した場合、次回配送手配が3/10に行われるので、3/9までに連絡することになります。
それまでにできないとその月での解約ではなく翌月分からの解約となるので注意が必要です。

 

ジャムウ石鹸の販売店は多数あります

固型石鹸イメージ画像

lc(エルシー)ラブコスメのヒットにより認知されたジャムウ石鹸は今ではEM入りまでありますが、股だけだでなく体臭を消す石鹸しかも締まりを良くするとして古くから多くの石鹸が存在していました。
ジャムウソープはここ10年ほどでデリケートゾーン石鹸として認知されたおかげで多数の会社が販売しています。

 

ジャムウソープの基本となる原料はインドネシアに昔から伝わっている植物の根や実やハーブなどを調合したジャムウという成分が主成分で、このジャムウには雑菌が繁殖するのを抑えたり、また汗のにおいを抑制したり、黒ずみを防いだりする効果があるためにデリケートゾーンの洗浄をするのにとても良いのです。

 

このジャムウの原料に加えそれぞれの会社で様々な原料や香料を追加し販売されています。

 

ジャムウ石鹸はいろいろなメーカーから発売されていますが、ピュアガールズヴィーナスラボドルチェローズなどが有名なようです。
また製薬会社が製造販売しているコラージュフルフル泡石鹸は泡で出てくるポンプが特徴で使いやすくなっています。
今ではドラックストアなどでも手軽にジャムウ石鹸が購入できるのもうれしいところです。

 

但しこの石鹸溶けやすいのが難点
ステンレス 石けん皿などで保管をしているという口コミが多いようです。

 

フランス産のマルセイユ・マルセルもデリケートゾーン石鹸よいうよりはアイボリーな感じがイメージ通りのオーガニック石鹸として認知された方が早かったです。
国産でいえば、ミツワ・アレッポ・シャボン玉・坊ちゃん・ペリカン・ミヨシ・ウタマロ・ロンタル・エスケーなど、デリケートゾーン石鹸ができる前から天然成分だけできているため肌に優しいという理由で、個人的にデリケートゾーン石鹸にしている方も多かったのです。

 

さらに、匂いもだけどあそこの美白も求める方は顔や膝に使うピーリング効果があるのに天然成分でできたahaやマンゴスチンソープや薬用石鹸を使った人もいるかもしれません。
重曹が万能だからと重曹を使った人やクレゾールを薄めて使ったもいるようですが、これはおすすめできませんが。。。

 

老舗の赤ちゃん石鹸で有名なカネヨニッサンアルボースなども売り出しだようです。

 

グリセリンで手作り化粧品を作る方は薬木「ニーム」や蜂蜜やよもぎやココナツを使って手作りした人もいるようです。
ラッシュのレモンの香やパパイヤなんかも使ってみたという口コミもあるようです。

 

洗顔せっけんゆうかを使ってみたという方も・・・

 

またフロプリーというソープもなかなか面白い商品ではあります。
これはデリケートゾーン用のリキッドソープとサプリメントがセットになっていて内側と外側両方からケアするという商品なのです。

 

このようにデリケートゾーン用の石鹸といってもいろいろな種類の石鹸がありますが、店舗にデリケートゾーンソープが置かれていても恥ずかしくてなかなか購入する勇気はでないですよね。
やはり、ジャムウ石鹸はネットでの購入が一番安心ではないでしょうか?

 

 

ジャムウハーバルソープの使い方

 

泡立てネットで泡を作る
余計な成分が入っていないので泡立ちにくいと感じるかもしれませんがネットで良く泡で手ます。

 

 

3分間泡パック
泡をにおいや黒ずみが気になるところにたっぷりつけて、3分間そのままの状態で泡パックします。

 

 

洗い流す
時間が来たら水またはお湯ですすいでください。黒ずみやニオイがスッキリ!

 

 

 

黒ずみにはアンボーテよりジャムウハードバブル

ジャムウハードバブルとは人気の「ジャムウ・ハーバルソープ」の黒ずみ集中ケアバージョンです。
ジャムウのハーブに加え、「パパイア果実エキス」と「オリーブオイル」を配合。
素肌をサッパリとリフレッシュさせると同時に、洗い上がりはしっとりです。
75g¥2,362(税別)です。

 

ジャムウスティックの効果

 

ジャムウスティックとはその名の通りスティック状のジャムウ石鹸です。
私たちがふつうイメージするジャムウ石鹸は直方体ですよね。

 

しかし、このジャムウスティックは円錐です。
円錐と言っても先はとがっていません丸みを帯びています。
何故、円錐か?
これは、ジャムウスティックを膣内に挿入しやすくしているためです。

 

いわば、ジャムウスティックは膣を洗浄するための石鹸です。
ついでにあそこの締りが良くなるのもジャムウスティックの魅力だそうです。

 

泡なんかじゃ物足りない、石鹸をそのまま挿入したい、インドネシアの女性たちは何故そこまで?と思っていたら
王宮に使える女性が使用していたのがジャムウ石鹸の起源だと知り、なるほど・・・と何気に納得しました。

 

ジャムウスティックの口コミ

  • ジャムウスティックを挿入後、抜いたら、色々な汚れが出てきた・・・
  • ジャムウスティックで膣内まで洗うと確かに締りは良くなったが、膣が乾燥しているのか挿入が痛くなった・・
  • ジャムウスティックが水に塗れないように使用後干しておくのが家族と言えど恥ずかしい・・
  • カンジタになった・・

 

など、様々です。

 

これもジャムウスティックが多数存在するため品質が一定じゃない、国産でないという理由など原因は様々ではないでしょうか?、

 

ジャムウスティックをお土産でもらいました私の口コミ詳細はこちら

こんな時こそ使いたい!ジャムウ石鹸とアンボーテ

デリケートゾーンソープであそこのケアは毎日使いたいと個人的には思うのですが、それでも毎日はめんどくさいという人もいるかもしれません。
そんな女性でも、生理中・生理直後・彼氏ができたら♪使用すれば安心ですよ

 

生理の時こそ使いたいジャムウ石鹸とアンボーテ

生理の血の臭いとケガした時に出る血の臭いって違いますよね。
ケガした時の血は鉄分の臭いが強く生臭さはありません。
毎回生理のときは日中、ニオイを気にしてします…という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、生理の血は何故あんなにも生臭いのでしょうか?

 

その理由は、血を主成分とした様々な分泌物が含まれているからです。
もともと生理は子宮内膜が剥がれたものですから、その成分には膣液、頸管粘液、子宮内膜の組織が混入しています
そこに雑菌が繁殖して臭いを発散するため普通の血よりも生臭いのです。

 

ですから、生理の時こそしっかり洗いたいデリケートゾーンですが、生理中はホルモンの分泌量やバランスが変わっているため体がデリケートな状態です。
少しの刺激でも肌荒れは不良をおこしてしまいやすい時期なので、元々デリケートな陰部を普通のボディシープで洗うとトラブルの発生率が高まります。
ですから、洗いたいけどお湯で我慢していた方も多いのでは?

 

そこで、おすすめしたいのが、天然成分で作られた、デリケートゾーン専用のジャムウ石鹸とアンボーテです。
ジャムウ石鹸は天然由来の成分でできた液体石鹸です。
アンボーテはハーブや植物由来の成分でできたオーガニックソープなので肌に優しい素材でできています。
ジャムウ石鹸もアンボーテもデリケートゾーンの消臭効果は口コミでも高く評価されています。

 

ですが、生理の時はいつもより雑菌が繁殖しているので殺菌力のあるハーブを使っているアンボーテの方が雑菌を減らす効果が高いようです。
雑菌が繁殖しやすい生理の時にこそ使いたいのはアンボーテと口コミであるくらい評判が良いです。

 

もちろん、ジャムウ石鹸も良い商品なのですが、ジャムウ石鹸は生理の時でも使えますとは言い切れません。
理由は、ジャムウ石鹸は商品が多すぎて、中には粗悪品もあるからです。
アンボーテは保湿もしっかりできますし、敏感になっている整理の時はお勧めです。
1点しかないアンボーテの方が選ばなくて良いという意味では安心できます。

 

ジャムウ石鹸を選ぶ場合は、販売元やクチコミをしっかり調べて購入する方が良いでしょう。
良い商品であればジャムウ石鹸もアンボーテもデリケートゾーンをスッキリと洗いあげ、臭い原因を排除する洗浄力が高いので生理の時はかかせないという人も多いようです。

 

スソワキガにも効果的なジャムウ石鹸とアンボーテ

 

ワキガ臭あの独特な臭いは汗腺が関係しているのですが、陰部にも汗腺が多数存在するため陰部からもあの独特な香がするというから驚きです。
その、陰部からワキガ臭がする症状をスソワキガと言います。

 

脇からするワキガは人間にある二つの汗腺のうちのアポクリン汗腺から出る汗が原因としてにおいが発生します。
同様にアポクリン汗腺は陰部にもあるために、陰部のワキガつまりスソワキガが発生します。

 

つまりスソワキガは誰もが陰部から汗をかくのですが、特にアポクリン汗腺からの汗が多いので独特な強い臭いを放っているのです。
ですから、ジャムウ石鹸やアンボーテのようなデリケートゾーンソープを使って臭いの元となる膣垢、おりものカスを日々確実に排除していきましょう

 

以上のような基本的なケアに加え、ムレ防止やおりものシートの取り換えを頻繁に行うのも効果的です。
さらに臭いの温床になる陰毛のお手入れVIO脱毛や短くカットするとアポクリン汗腺から排出された汗が陰毛にからみつかず臭いの減少につながります。

 

カンジタの時こそ使いたいジャムウ石鹸とアンボーテ
デリケートゾーンにニキビができたときこそ使いたいジャムウ石鹸とアンボーテ
Hの前後こそ使いたい!ジャムウ石鹸とアンボーテ
の時こそ使いたいジャムウ石鹸とアンボーテ
膀胱炎になりやすい人こそ使いたいジャムウ石鹸とアンボーテ

ジャムウ石鹸lcの口コミ

ジャムウ石鹸を日本に広げたと言ってもいいLCラブコスメには多くのジャムウ石鹸の口コミが寄せられています。

 

 

LCラブコスメの口コミより引用

 

 

ジャムウ石鹸@コスメの口コミ

 

日本一の美容系口コミサイト@コスメでのジャムウ石鹸の口コミは上々です。

 

 

アットコスメの口コミより引用

 

 

アンボーテが話題になっている理由

アンボーテが話題になっている理由の一つは、プロデュースしたのが、レイザーラモンの奥さんの住谷杏奈さんというママドル・グラビアアイドルという芸能界の影響もあるかもしれません。
タレントが立ちあげたコスメブランドなので話題性は高いですよね。
しかし、それでは一時的な話題にしかならないものですが、アンボーテがこれほど人気なのは、やっぱり商品力でしょう!
公式サイトならアンボーテを最安値で購入できます

住谷杏奈さんって?
高校生の時にCawaiiの読者モデルで登場し、12代目ミニスカポリスやグラビアアイドルとして活躍後、HGさんとの結婚を機に芸能界を引退しました。
現在はファッションブランドやコスメブランドを展開しています。雑誌JJなどにも登場し、その後ママタレとして芸能界復帰しています。

 

パッケージが好評なアンボーテ

ジャムウ石鹸より群を抜いてにアンボーテが好評な点がアンボーテのパッケージのかわいさです。

 

アンボーテを使う環境が彼氏との同棲、新婚家庭、家族がいるという方にはアンボーテのようにフェミニーナソープに見えないというのは非常に大事な点というのが体験談や口コミで見えてきます。

 

アンボーテに換えたという方の体験談で、男の子供さんがジャムウ石鹸で体を洗っているのを見て・・という方もいるようで、たかがパッケージされどパッケージというのがアンボーテの人気の秘密でもあるようです。

 

 

アロマ好きならアンボーテ

アロマ好きなら迷わずアンボーテかもしれません。
もちろん、ジャムウ石鹸に香が良いのもありますが、香料の可能性があります。

 

その点、アンボーテなら天然のアロマの香で癒されるという口コミが多いですね。
確かに、アンボーテで使われているのがバラ(ダマスクローズ)を始めとしたお花の成分が多いですから、アンボーテはかなり香を楽しめるでしょう。
ローズヒップ、エーデルワイス、エルダーフラワー、キイチゴ、サジーなども使われています。
特に香料の匂いが嫌いという方にアンボーテはおすすめかもしれません。

 

 

あそこの臭い消臭の歴史

 

・平安時代は香が非常に盛んでした。
それは体臭を隠すため、部屋で尿をしていたので、墨灰やお香で尿臭を隠すためだといわれています。
当時お風呂に入る習慣がなく、男も女も垢だらけで体臭がきつかったのであそこの臭いもきにならなかったといわれています。

・江戸時代京都にある遊郭の花魁はあそこにお香の臭いを焚きつけていたとか・・簡単な方法ですが日本的な方法ですよね・・

・戦後の日本は貧困だったため、台所の廃油を釜で煮て作っていた時代、あそこを石鹸で洗うという感覚がまだないようです。
しかし、戦国時代より進化ですあそこをバケツの水で洗うという感覚がでてきます。

・高度成長期以後、ソープ嬢は当時出だしたシャワーやビデを使って仕事前に洗うというケアがメインになったようです。

・バブル時代臭いに敏感な日本人・清潔な日本人は豊になったためあそこの臭い対策にもお金を投じられるようになりました。
日本製のしゃぼん玉石鹸や牛乳石鹸よりも、体臭の強い欧米社会から香の強い輸入された石鹸を使うのがステイタスのようになり夜の商売の女性を中心に広がっていきます。
代表的な石鹸としてニュートロジーナ・バーナル・ボタニクス・カサブ

・バブル崩壊後、円安の影響か海外製の石鹸も多く入ってきました。
マレーシアのなまこ石鹸や韓国製の石鹸はそこそこ性能が良いシンビなどが人気になりました。

・さらに肌に安心安全、オーガニックなものが好まれるようになり、天然の消臭剤といわれるクロロフィルやひのきやモリンガや硫黄が使われた商品が数多く開発されました。

・近年柿渋に含まれているタンニンに消臭効果があるため固形石鹸ですが徐々に人気が出だしています。

・一般的になってきたジャムウですがもともとは漢方という位置づけでしたので近年ダイエット系のお茶やサプリなどにも配合されるようになってきました。

・突然のブラックブームで耳かき・マスク・ガムとあらゆるものが黒色に、固型石鹸にも黒い石鹸が登場、洗浄力が強そうだというイメージ戦略のようで黒いジャムウ石鹸まで登場しています。

・そして、ネット環境が整い恥ずかしくて購入しづらい商品が買いやすくなりジャムウは固型石鹸がメインだった中、液体のアンボーテしかもダマスクローズをはじめとしたオーガニック成分でできているということで一気に注目を浴びます。

 

 

 

ジャムウハーバルソープは楽天で購入できるか?

 

ジャムウハーバールソープは楽天では販売されていません。

 

しかし、他社のジャムウ石鹸であれば楽天でも購入できるようです。

 

 

やはりジャムウハーバールソープは公式サイトでしか購入できないようです。

 

ジャムウハーバルソープはamazonで購入できるか?

 

ジャムウハーバールソープはAmasonでは販売されています。

 

しかも値段は公式サイトと同じです。

 

 

意外な臭いの原因&意外な所が臭ってます

デリケートゾーンの臭い密かに悩む女子は多く、誰にも相談もできないという経験がある人、けっこういるんです。
もしかしたら、こんな所が臭いの元かも?

  • が原因でクサイ、デリケートゾーン+肛門の臭いかもしれません。
  • セックスの時に特に臭う場合は愛液が臭うのかも?
  • 彼氏が指摘する場合が、彼氏が臭いに敏感なだけで実は普通レベルの臭いかも?
  • 常用している薬の副作用で膣の自浄作用が弱くなっているかも(バルトレックス・クラリス・クラビットなどの抗生剤や抗菌剤)
  • 抗うつ剤は体臭を強くするとの調査報告が!デリケートゾーンもその影響かも

 

ジャムウハーバールソープは黒ずみに効果がある?

ジャムウハーバルソープはデリケートゾーン専用の石鹸です。
発売以来、売り上げ、リピート率が非常に高いという記事を良く目にしますが、黒ずみに対する効果はどうなのでしょうか?

 

ジャムウハーバールソープの主成分はインドネシアに古くから伝わる民間療法のジャムウです。
ジャムウのベースになっているものは、ハーブや木の根、木の皮などを原材料としたもので、ヤシ油やカミツレ油、アロエベラ、オタネニンジン、甘草などを配合して日本人の肌に合うものにアレンジされています。
これを気になる部分へパックすることで、黒ずみ解消効果があるといわれていますが、泡立ての時に水を含ませすぎると、泡立ちの状態が悪く、パックしづらいということや、パックの時間が短いと、黒ずみ解消を実感しづらいという声もあります。

 

肌質などには個人差があるため、すべての人に効果があるとは言えませんが、即効性はないもののメーカーが指示する3分間の泡パック時間を守ることを心がけることが重要であるようです。

 

ジャムウデリケートパックの効果は?

デリケートゾーンの臭い対策として、さまざまなアイテムが販売されていますが、一般的に知られているのは、デリケートゾーン専用の石鹸ではないでしょうか?
膣の中に直接塗布して、女性特有の悩みを解消することができるのがジャムウデリケートパックです。

 

本来、膣にはデーデルライン桿菌という乳酸菌の仲間が常在菌としていて、酸性を保つ「自浄作用」によって病原体や悪玉菌に感染することを防いでいます。
しかし、ここに女性ホルモンの影響や生理、下着、体質などさまざまな環境が重なって、臭いを発したり、自浄作用を弱めてしまうようになるのです。

 

ジャムウデリケートパックは肌を清潔に保つ効果があるツボクサエキスやレモングラスなどのハーブインドネシアに伝わるジャムウと呼ばれる配合レシピを用いて膣の自浄作用をサポートします。
さらにジャムウデリケートパックには、おりものの量を調整したり、あそこをギュッと閉まるようにするようにはたらきかけて女性の悩みに直接作用します。